広告を貼り広告収入を得る

メールに貼れる広告のタイプ

メールの配信によって利益を上げる方法はいくつかありますが、基本中の基本といえるのはメールに広告を貼る方法です。広告から利益が生じる流れには複数あります。ポピュラーなのはメールの読者が広告をクリック(タップ)した回数に応じて利益が出るシステムです。もうひとつは、読者が広告をクリック(タップ)してリンク先のサイトへ移動し、そのサイトで品物やサービスを購入した場合に購入金額に応じて利益が出るシステムです。メールの読者が極めて多いのであれば、一定期間貼るだけで利益をもらえる広告もありますが、これは例外と考えてよいでしょう。広告を提供している企業によって得意とする広告分野が異なるので、自分のメールのテーマに合う広告を探すのが大切です。

まとまった利益のために大切な読者数

メールに貼りつけた広告によってまとまった利益を上げるには、一定数の読者を確保する必要があります。メール配信を始めたばかりのころは読者が少ないので、利益が出なくても自然な状況だと考えましょう。読者の数を増やすためには、メールの内容と送信頻度をよく考えることが大切です。メールの内容は、読者のイメージを想定しながら詳細を決めてください。テーマについて、初心者向けなのか上級者向けなのか考えるだけでも文章表現が変わります。送信頻度については、多すぎず少なすぎない頻度を試行錯誤しなければいけません。毎日配信に設定したとすると、メール執筆の負担が重くなるだけでなく、読者からメールが多すぎると思われてしまうおそれもあります。メールの内容と頻度が適切であれば、広告収入も上向きになると考えられます。

メルマガなどを会員に送信したいときは、メール配信のサービスを使うと手間がかかりません。最初の設定と内容の記載さえ済ませれば、送信したい時間に送ることも可能です。